Pocket

どうも、しばしんです。

「億万長者になってお金に困らず自由なライフスタイルを謳歌したい」

誰もが一度は夢に見たことはあるのではないでしょうか。

サマージャンボの時期には宝クジ売り場はそんなドリームを叶えようと連日大にぎわいですね。

実は億万長者にはお金を引き寄せる性質を共通して持ち合わせているのです。

日常のある習慣や考え方から成り立つものなのですが、
実は意識すれば誰でも行動に移せるシンプルなものでした

そこで今回は億万長者のお金を引き寄せる考え方についてお伝えします

億万長者の思考を手に入れて、あなたの人生を薔薇色に染め上げてみませんか?

億万長者とは?

 

億万長者とは一体どのような人の事を指すのでしょうか。

お金持ちの体質を修得するためには 、
お近づきになりたい相手の事をしっかりと知ることから始めるべき。

恋愛関係と同じで相手のことを理解しようとせずに気持ちを通わすことは出来ないものです。

RBSウェルス・マネジメントなどの調査によると億万長者の
定義を抜粋すると

「金融資産で1億円以上の保有しており、100万ドル以上の投資可能資産を所有する財産家」

とあります。

そして、新世代の富裕層として「ニューリッチ」と呼ばれる新しい働き方により資産を築く成功モデルが登場しています

彼らはこれまでの常識にとらわれることなく、IT関係の起業やネットビジネスにより人に価値を提供することで対価として莫大な対価を得ているビジネスパーソンのことを言います。

価値と価値の交換の原理に基いた上で限りなく自由なワークスタイルです。

特徴としては仕事をする時間、場所、内容をある程度自分の裁量で決めることができます。

これからの時代は実力次第で億万長者に誰でもなれる様になる筈です。

インターネットの発達や経済のグローバル化により会社に依存することなく個人で資産を作り出すチャンスのある現代だからこそ為しえたものですね

それでは億万長者の習慣と思考についてみていきましょう。

違いを受け入れることが出来る

夜の静かな空から太陽が顔を出し、町が朝色へと澄みわたっていく事と同じ様に、生活の環境は色を変えます。

一期一会でいろんな考え方にめぐり合う機会は一様にありますが、
億万長者は他人からの指摘にも素直に受け入れ成長するすることができます。

出会う人の価値観の違いを新しく知を取り入れる勉強の機会だとして受け入れる事が出来るのです。

収入の伸び悩む人はこれまでの経験を通して培った価値観でしか物事の良し悪しを評価することができず、環境に順応する事を苦手として避けてしまいがちになります。

必要なのは信念という心に宿る自身の核と呼べるものと、
周りの人の価値観を自分の頭で分析するために受け入れる器の広さ。

その上で自分にその考えはふさわしいかどうかゆっくりと吟味すれば良いのです。

目で聞いて肌で感じとり頭で考え、行動のできる人生経験豊富な深みがあり、                         人としての器が大きくなるとそれに伴いお金が流れてくるといえます。

 

 日常的に読書をして新しい刺激に触れる

億万長者はどれだけ成功していても自分はまだ何も知らないと謙虚に考え、日常的に本を読み歴史書で偉人の言葉などに触れて新しい知識を取り入れます。

この本の意図を汲み取る事なく文章を受動的に文章を読むのではなく、
著者は何を伝えたいのかと書物と会話をするように情報を受け取るのです。

読書をする効果は研究でも実証されています。

「30代ビジネスマンの月平均読書量は0、26
30代年収3000万円は9、88冊
その差は38倍もの違いがある」

論理的思考能力、思考プロセスを意識しながら読み進める事で読書が自分自身の知識に変わり、                 物事を多角的に捉えることが出来るようになります。

読書以外の日常生活でも何気ない季節の香りや感動を受けることが出来るほど感受性が豊かになるのです

例えば、京都の桜や紅葉など移りゆく景観に目が奪われるだけでなく、                            歴史的背景に沿って想いを巡らせます

 

感受性が豊かな人は周りの人の心情にも深く配慮する事が出来るので、
自然と人に恵まれ引き上げられるる様になります。

チャレンジ精神旺盛

億万長者には自由と引き換えに大きな責任が生まれるため、お金を稼いで自由な暮らしをする夢を人生のゴールにしてはなりません。

億万長者になれたとてもお金を稼ぐ器を持っていない人は両手からこぼれ落ちてしまうため、                  「人生を通して何を成し遂げたいのか」をしっかりと考察すべきなのです。

どんな状況にも動じない心の寛容さとチャレンジ精神を忘れずに数々の失敗を経て、強くなろうとする意識が必要となります。

自分が苦手とする分野に会えて挑戦すると思うような結果が出ず悔しい思いをするかもしれませんが、              大きな相手と勝負するとメンタルが鍛えられ、相対的に能力がついてきます

そのチャレンジ精神が実力として積み重なり億万長者へと上りつめる糧となるのです。

 

まとめ

19世紀アメリカの思想家のラルフ・ワルド・エマーソンは夢を叶えたいと願う人に向け                    「軽薄な人間は運勢を信じ、強者は因果関係を信じる 」という言葉を残しました。

海外セレブの影響もあり億万長者は豪遊しているイメージがありますが実は謙虚で勉強熱心な人が多く、             日々を大切に紡いで人生をいきいきと過ごしているためお金も友人も引き寄せることができるのです。

私たちも運任せばかりではなく、普段の生活を今一度バージョンアップして億万長者の思考を手に入れていきましょう。