Pocket



どうも、シンです。
今回はAdd Quick Tagについて解説を行います。

このプラグインはダッシュボードの管理画面に必要なタグをカスタマイズして追加ができる機能のこと。

ボタン1つで記事作成時に頻繁に使用するコードであったり、定型文を瞬時に入力することができる様になります。

オリジナルなタグを設置することで煩わしい手間が省け、記事作成のスピードが格段に上がるはずです。


Add Quick Tagの導入



まず、Add Quick Tagのインストールから。
ダッシュボードのプラグインから「新規追加」を選択し、プラグイン追加画面に移ります。

「プラグインの検索」でAdd Quick Tagとキーワードを入力。

検索結果の中から上記のプラグインを選択して「有効化」をさせましょう。


トップページに戻り設定の項目を選択をクリックすると、新しくAdd Quick Tagと表示されているのでここから設定が行えます。

それでは、Add Quick Tagの設定を初めていきましょう。

クイックタグの追加と削除



最初の設定項目では、投稿画面に表示させるクイックタグを自分好みに作成し追加・削除が行えます。

ボタン名・ラベル名
ボタン名:投稿画面のタグに表示する名称。実際に使用する時に分かりやすいものにしましょう
ラベル名:任意。共同で運営するコンテンツであれば記載しておくと認識がしやすい

開始タグ・終了タグ
開始タグ:タグの起点
終了タグ:タグの終点

アクセスキー・順番
アクセスキー:ショートカットキー
順番:タグを表示させる位置の変更

読者の目に触れることの無い設定ですので自分好みにカスタマイズしましょう。

デフォルトのクイックタグを非表示にする



次にwordpressに初めから組み込まれていたクイックタグを非表示に設定ができるようになります。
作業をしていてあまり使う機会が少ないタグがある場合、ここで選択をくと画面がスッキリとします。

拡張コードクイックタグボタン



ここでは、preタグhtmlタグの表示・非表示の設定が行えます。

preタグ:空白を開ける際や改行をそのまま表示させる場合に使用されるもの
htmlタグ:htmlの文字入力をそのまま表示されるもの

エクスポート・インポート



最後にエクスポートとインポートに関する設定項目が表示されています。
この機能は、作成した記事やコンテンツをバックアップして保存しておきたい、今回設定した内容を他のサイトでも活用したい場合に有効的です。


以上がAdd Quick Tagに関する基本的な解説になります。