Pocket

どうも、シンです。
今回は投稿記事と何かしらの関係がある記事を結びつけて自動的に表示させるプラグインであるYet Another Related Posts Pluginについて解説を行なっていきます。

関連記事を投稿ページに表示させることで読者の好奇心を刺激し、他の記事の回遊へと誘導する可能性を高めることに繋がります。

wordpressに初めから備え付けられている関連記事の表示設定はありますが、
このプラグインを活用することで表示機能に「カテゴリー」や「タグ」からより連動する記事を数値化させて表示させたり、デザインを趣向の凝らしたものにしたりとある程度自由に遊ばせることが可能となります。

プラグインの有効化


まず、Yet Another Related Posts Pluginのインストールを行なっていきましょう。
メニューのプラグイン>新規追加からキーワード検索し、有効化をします。

そうすると、ダッシュボードの設定画面にYARPPと表示されているのでこちらから設定をします。


プラグインの設定


プラグインの設定画面から関連記事の表示方法をカスタマイズしていきましょう。

主に次の3つの変更が行えます。

・フィルター設定
・関連スコア設定
・表示設定


それでは、一つずつ見ていきましょう。

フィルター設定
関連記事の表示制限をします。
投稿記事数を増やしていく中で記事の内容によってカテゴリーやタグで分類することになりますが、関連表示させたくない記事は除外することが出来ます。
「このカテゴリー記事を表示させたくない」の項目で該当するものにレ点チェックを入れましょう。

関連スコア設定
関連スコアの設定をします。
関連スコアとは、表示されている記事と関連する投稿記事がどれだけの関係性があるかを数値化させたもの。
最小の関連スコアを1とし、数値が高まるほど投稿内容に関連の深さが必要となります。

表示設定
関連記事を投稿画面のどの位置に表示させるかの設定をします。
レイアウトを意識することは読者の負担を軽くした状態で記事を楽しんでもらい、結果的にクリック率を高める要因となります。
縦並びのリスト表示、あるいは記事のイメージを想起させるサムネイル画像を用意して表示させることが出来ます。


これらの設定が完了したことを確認したらページ最下層にある「変更を保存」のボタンをクリックして完了となります。


以上がYet Another Related Posts Pluginの基本的な解説となります。