Pocket


どうも、しんです。
今回はWP Social Bookmarking Lightについて解説を行なっていきます。

WP Social Bookmarking Lightは、人との繋がりにおいて重要なソーシャルメディアを自身のコンテンツに表示するためのプラグインです。

facebookやツイッターといったソーシャルボタンの共有ボタンを記事に挿入することで、あなたのコンテンツに価値を感じた読者が周囲の人にも拡散してもらえるようになります。

今回はWP Social Bookmarking Lightの基本的な設定方法について解説を行います。

WP Social Bookmarking Lightの設定方法



管理画面のプラグインから新規追加を選択します。
するとプラグインの検索画面が表示されるので、「WP Social Bookmarking Light」を選択。
導入したら有効化を忘れずに設定しましょう。


プラグインのインストールが完了されると、ダッシュボード>設定メニューの中に新しく「WP Social Bookmarking Light」の項目が組み込まれているのでクリック。
ここからカスタマイズを行っていきましょう。


WP Social Bookmarking Lightの設定方法


一般設定


一般設定ではソーシャルボタンを自身のコンテンツにどの様に活用していくか4つに分類して設定することが出来ます。

①位置の設定

position(位置)の項目では記事にソーシャルボタンを配置する場所を次の4つから選択します。

top(上部)
bottom(下部)
both(両方)
none(なし)



②個別の設定


Individual Article(②個別設定)では、ソーシャルアイコンの表示を記事のみに設置する(YES)か、メインページにも設置する(NO)かのどちらかを選択することが出来ます。


③ページ

ページでは、固定ページにソーシャルボタンを表示する様に設定するかを「yes」か「no」で選択することが出来ます。

④サービス

サービスの項目では、コンテンツにどの種類のソーシャルボタンを設置するかを決めることが出来ます。
表示画面のスペースと媒体に応じて読者の性質は変わってくることを踏まえて3〜5つのボタンを表示することが望ましいです。


右のブロックのソーシャルボタンの一覧から表示したいものを選び、クリック&ドラッグで左のブロックへと移します。

最後に「設定を保存」をクリックして反映されるとコンテンツにボタンが表示され設定が完了となります。