Pocket

どうも、しんです。
今回はスイッチングコストについて解説をします。

この記事を参考にスイッチングコストについて理解を深めてください。

スイッチングコストとは

スイッチングコストとは、
マーケティング用語であるスイッチングコストは、直訳すると「切り替え費用」となります。

お客さんが日常的に利用している商品やサービスを他のものへと切り替える際に負担しなければならない「金銭的、心理的、手間」を観点とした3つのコストのことを言います。

消費者が購買活動を行う時は商品の持つ機能性や感情的なプラスの価値だけではなく、
マイナスな側面(スイッチングコスト)を相対的に見て判断をします。

そのため性能やデザイン等の商品良さだけでは購入理由には至らず、
導入における手間や時間、使いやすさを含めたメリットを提示する必要がある。

商品を購入する事で得られる価値がスイッチングコストを上回った時、購入を決断すると考えられています。

つまり、商品の価値だけでマーケティングを仕掛けるのではなく、お客さんの抱くスイッチングコストをどのように下げて満足度を高めるかが重要となるのです。

3つのコスト


スイッチングコストにおける3つのコストとはどのような物なのかを
お客さんがこれまで使用していたスマートフォンを買い換える場合を例に出して説明します。

・金銭的コスト→モノを購入するために必要となる金銭に関する数値的な負担のこと。
(ex.新しく買い替えるために必要な予算)

・心理的コスト→新規でモノを所有して操作性が変わったことによりかかる「労力」や「時間」のに関する負担のこと。
(ex.使い勝手の違うスマホを始めから学ぶ必要があるという心理的ストレス)

・手間コスト→商品の購入や契約における時間や労力
(ex.買い替えたスマホを慣れ親しむまでの時間と労力)

これらが挙げられます。

新規のお客さんが商品を購入する際はスイッチングコストを引き下げることが出来れば商品を買ってもらいやすくなり、
お得意のお客さんが他社の商品へ切り替えることを検討している場合はスイッチングコストを引き上げることで食い止めることに繋がるということです。

今回は、スイッチングコストについて解説をしました。

要点をまとめると、 
・利用している商品やサービスの買い替え時のコストのこと。
・コストは金銭的コスト、手間コスト、心理的コストの3つで構成される
・商品の価値をスイッチングコストよりも高めることにより成約に繋がりやすくなる

となります。