Pocket

どうも、しんです。
今回はヒューリスティックについてお伝えします。

この記事を参考にヒューリスティックについて知識を深めてください。

ヒューリスティックとは、
何か未知の出来事に遭遇した際、過去の経験やこれまで培った価値観を通してヒントを見つけて物事を判断する能力のことを言います。

子供の心は真っ白で純粋と言われますが、歳を重ねる内に遊びや学びなど様々な経験を積み、ゆっくりと人格を形成して大人になっていきます。

もちろん、楽しい思い出ばかりでなく、転んで擦りむいた経験や恋
に敗れて泣いた夜など辛い経験もあるはず。

しかし、何かを判断する際に人は論理的に考えるよりも先に直感を働かせる生き物で、感性を研ぎ澄ませるためには価値観を育てるためにはそういった経験が必要になるのです。

つまり、動物が嗅覚で餌をかき分けて見つけるように、人には左脳による働きで手がかりやシンボルなどの情報を分別する能力こそがヒューリスティックなのです。

例えば、


現代は情報化社会と言われており、調べ物をするのに図書館に行かずとも画面に文字を入力すればヒントを見つけることができます。

個人のつぶやきでさえネットを介して瞬時に地球の裏側に届くほど情報が溢れ返る世の中で、今後その流れはさらに加速していくはずです。

しかし、便利になった反面、行動出来ない理由がひとつ増えたと言えるのではないでしょうか。

なぜなら人の思考能力には限界があり、様々な他人の価値観を通した情報を吸収することで迷いが生まれ、適切な判断を下せずに立ち往生してしまう恐れがあるからです。

そこで、多くの情報を自分の価値観を通して手がかりやシンボルとして解釈して情報を合理的かつ単純化させる能力であるヒューリスティックが必要となるのです。

ビジネスにヒューリスティックを活用する場合は視覚に訴えることが重要となります。

色彩は商品のイメージをお客さんに印象付けるために有効的で、
私たちは知らぬ知らぬ内に視覚でどの様な物か予想し、パッケージに手を伸ばしています。

その理由からお客さんに特別感の印象を与える色を使うといいです。

今回はヒューリスティックについて解説をしました。