Pocket

どうも、しんです。
今回はプラシーボ効果について解説をします。

この記事を参考にプラシーボ効果について理解を深めてください。

プラシーボ効果とは

プラシーボ効果は別名で「偽薬効果」とも呼ばれ、医療でも効果は見込まれています。

治る見込みの薄い患者が医者から効力の無い薬を安息をもたらすために「この薬を飲めば治る」と投与すると、それを信じ込んだ患者の病状がみるみる内に快方に向かったという逸話は有名ですね。

「病は気から」といった言葉がある様に、思い込むことで実際の状況に変化が起きる現象がプラシーボ効果です。

さらにはお酒を飲めない人がお酒の席に参加した時に「お酒だよ」とノンアルコールビールを手渡され飲むと、実際に酔っ払い思考力が低下したという実験結果も証明されています。

いわゆる暗示効果で、成功者と呼ばれる人たちはこれを有効的に使っています。

例えば、大切な営業やプレゼンがある時に人はプレッシャーから実力を十分に発揮しきれない傾向がありますが、
「自分なら出来る」と成功した未来の姿をイメージし暗示をかけることにより実際の実力よりも大きな結果を引き寄せることが出来ます。

その為には、自分を信用出来る日頃の行動を積み重ねる必要がありますね。

また、人との繋がりにおいても誰しもがプラシーボ効果を狙った発言に影響があるわけではなく、お互いの信頼関係が必要です。

なぜなら、情報を受け取る人は信用出来る人からの教えでなければ例えプラスの影響があるとしても信じこむことが出来無いから。

恋愛や友人との関係の様に日頃からのコミュニケーションを通して相手のことを知り、「この人の言うことだから」と信じてもらえてやっと効果が期待できるのです。

ビジネスでの活用方法

プラシーボ効果は思い込む力が実力以上の能力を発揮する原動力でもあり、信頼関係が築かれていないと潜在意識を刺激して本来の効果を引き出すことは出来ません

つまり、ネットビジネスにプラシーボ効果を活用する場合はブランディングが必要となります。

その為には、日頃からお客さんとコミュニケーションを取り、情報発信で機能的価値と感情的価値をしっかりと提供し、
「尊敬しているし人として好き」と思ってもらえるようになりましょう。

機能的価値・感情的価値についてはこちら


そうすると、あなたに指導してもらうことの未来に期待し、自然と他の人と比べられることなく選んでもらいやすくなります。

今回は、思い込みを現実に繋げるプラシーボ効果について解説をしました。

相手の意欲を引き上げることに加え、
「自分は出来る」と自分に催眠をかけることで壁を乗り越え目標を達成して、可能性を広げる開ける効果があります。

ここで注意すべき点は、ネガティブな考えや言葉を使うと不安が現実に起こってしまう可能性があること。

正しく活用する為にも普段から明るい気持ちを持って前向きに取り組んでいきましょう。