Pocket

どうも、しんです。

今回はアンカリング効果について解説をします。

日常生活を営む上で何かと目にする機会が多く、消費者の心理効果を活用したマーケティング手法ですので、
この記事を参考にアンカリング効果をビジネスの参考にしてください。


アンカリング効果とは、
最初に提示した数字や情報が基準(アンカー)となり、
その後に知らされる内容と強く対比して関係性を考慮する心理現象
のことです。

そもそもアンカリングとは、「いかりを下ろす」という意味を持ちます。

鷹の爪の様な形状の鎖を投げ込み海底に沈め、地表に刺します。

海を漂う船舶を襲う北風や津波に抵抗し、水上の一定範囲に停泊させるために使用する「重し」の役割を担います。

対象物を定位置に固定するチカラ

この効果はマーケティングに応用することが可能で、ここでは消費者が商品の購入を意思決定する「判断基準」がアンカーとなります。

なぜなら、最初に開示された情報が無意識の内にアンカー(基準)の役割を担い、その後に何か情報を付け加えられ、情報が十分に揃っていない場合は無意識の内に比較対象として意思決定に影響を与える効果があるからです。

消費者が商品を購入する際は必ずその人なりにこだわりがあり、
特定の情報(機能・品質・利便性etc)から今の自分にとって必要性があるか評価します。

売り手と買い手を結ぶ要因は「お金」ですからファーストインパクトとして特定の価格を予め開示する。

そして改定後の値段を伝え、価格基準を把握・検討してもらうことがアンカリング効果として有効だと言えます。

例えば、スーパーのチラシやネット通販での次の様な価格表記が挙げられます。

通常価格:39800円
SALE価格:27860円


ここでは最初に提示された定価の39800円がアンカーとなり、値引き後の価格のお得感が押し上げて強調されています。

2つの価格設定を比較対象として並べ合わせることで自然と感情が高ぶり、
「お手頃な価格の内に購入すべきだな」とアンカリング効果を誘発するのです。

「安いものに目がない」という言葉がある様に人は無意識のうちに安い商品に視線が集中して魅力的に映るものです。

ネットビジネスでアンカリング効果を活用する際はリアルビジネスと同様に
「価格設定」がポイントとなります。


この企画は私が一年もの間100万円以上の指導料を払って学んだノウハウを凝縮させたものです。

つまり、苦労を積み重ねやっと完成させた商品なので其れ相応の値段として30万円で提供しようと考えていました。

しかし、自分でお金を稼ぐ能力を身につけて人生を謳歌する自由な仲間を増やしたい。

そこで、今回に限り三万円ポッキリで販売することに決めました。


これは、ネットビジネスにおけるアンカリング効果を狙った価格表記の一例です。

30万円をアンカーとして最初に開示することで商品の本来の価値の値段について把握する。

その後に説明を付け加えて改訂後の値段を下げて提示することで、
3万円という価格が想像以上に安い値段と印象を与えることが出来るのです。


今回はアンカリング効果について解説をしました。

アンカリング効果をまとめると、
最初に提示した情報や価格が判断基準となり、
その後の購買活動に大きな影響を与える心理効果のこと。

プロモーションを行う際は二重価格には注意して自分の企画を最大限際立たせアンカリング効果を有効的に活用していきましょう。