Pocket


どうも、しんです。
今回は、プロダウトアウト・マーケットインについて解説していきます。

これは簡単に言うと、

「どんな価値を提供し、どうやって売りだすべきか」

どちらも「お客さんを喜ばせる」という要素では同じですが、
この観点を売り手と買い手の双方の視点に立って打ち出す手法のことです。

ジャンルに限らず様々なビジネスを展開していくためには大切な考え方ですので、ここで理解を深めていきましょう。


プロダクトアウト

プロダクトアウトとは、無駄な予算をかけず売り手が備えている技術力や今後のビジョンに焦点を合わせ、そこからお客さんに喜ばれる商品を具現化させていく考え方です。

まずは開発サイドの能力を発揮させる事を第一優先に商品を製作し、
完成後にどう販売させていくためのプロモーションを行う。

つまり、作り手の視点から見たお客さんに喜ばれる商品をカタチにしていく考え方ですね。

世の中にはトレンドというサイクルがありますが、これは各社の最大限の技術力を駆使した商品を手にした人が独自性に感銘を受け、口コミで魅力を広めたから成立しています。

これまでに存在しなかったら新たな市場を作り出す事になるので、爆発的な稼ぎを狙うことも可能です。

しかし、お客さんの潜在的な欲求を刺激出来なかった場合、まったく売れない恐れもあるというデメリットもあることは理解しておくべきです。

マーケットイン

マーケットインとは、お客さんの欲求や悩みを分析し、解決策を提示する形で商品を作成させる手法です。

つまり、「マーケット第一主義」のビジネススタイルですね。

お客さんが「あったらいいな」と考えている欲求に対して的確に焦点を合わせ、ニーズを満たす商品を生み出す。

具体的にネットビジネスでは、コンテンツのお問い合わせフォームやSKYPEのチャット・音声などを利用してアンケートを募り、お客さんのニーズや悩みを組み込んで企画の構想を練っていきます。

そうする事で実際に商品を販売した際にどれくらいの成約率でいくら利益が得られるかという予測を立てる事が出来ます。

もちろん現実には思うようには売れなかったということにもなりかねます。

市場調査を行なっているのは一人ではありませんので、他のコンサルタントと販売タイミングが重なったり、コンサルの価格の面などすぐに比較されてしまうからです。

しかしながら、これまで市場調査してきた顕在的なデータが手元に残りますから、改良点やアピールすべきポイントなどないか改めて見直すことで、
次のビジネスに活用することが出来ます。

これからのビジネスを行う上で意識すべきこと


今回は「プロダクトアウト」と「マーケットイン」の基本的な考え方について解説を行いました。

「品質が良ければ売れる」

これは、高度経済成長期の後期で「作ればモノがいくらでも売れる時代」に考えられていたマーケティングの基本的な考え方です。

しかしモノが溢れかえる現代はお客さんのニーズは多岐に渡り、
技術の進歩でどこの企業も褐色のない商品を製造販売して普及している今、プロダクトアウトの考えで開発をしても価格競争に陥りやすくなります。

消費者が欲しいと望むモノと企業のビジョンに沿った技術力。

これからの時代は「技術的革新を持ってお客さんの期待に応える」をより意識してビジネスに取り入れる必要があります。

どちらもユーザーべースである点は共通しているので、
「欲求を具現化する職人」という意識でうまく融合していけたらいいのではないでしょうか。