Pocket


どうも、シンです。

今回は、バイラルマーケティングについて解説をしていきます。


オンラインで集客を行う上でかなりの効果を発揮しますので、この記事を参考にメリット・デメリットを理解しバイラルマーケティングをご自身のビジネスに活用してください。

バイラルとはウイルスの事を指し、
いわゆる口コミを活用して情報を感染させるマーケティング手法の一つです。

例えば、FacebookやTwitter、インスタグラムに代表される人と人との繋がりを維持する上で重要視されるSNSを通して情報の拡散を促します。

情報化社会とも呼ばれる現代ではリアルでの繋がりに加え、
複雑に絡み合い、言葉の壁を超えて地球の裏側の人にだって瞬時に感情を共有する事も出来ます。

この仕組みをあなたが手がけるビジネスにうまく応用する事が出来たなら、一度に驚異的な集客が見込めるのです。

その為にプロパガンダの手法と組み合わせ、5感に訴え感情を高揚させる言葉を投げかけたり、明日の話題となるような面白い話題を提供する事で情報の感染がしやすくなります。

その上であなたの知的財産であるコンテンツの流動性を高めるバイラルマーケティングについてお伝えしていきます。

メリット

メリットは繰り返しになりますが、SNSで情報が拡散されていく事です。

Facebookは日記投稿、TwitterはリアルタイムなつぶやきなどSNSの特徴を踏まえ上手く使い分けて発信している様に、
媒体に合わせて趣向を変えて読者の気持ちを満たす発信をしていく方が情報の拡散がしやすくなります。

ファーストインパクトを最大限に高めてあなたからの情報は特別だと認識してもらう。

段階を踏んで機能的価値・感情的価値の双方を高める事でダブルファネルマーケティングへと移行するきっかけとなるのです。


デメリット

バイラルは日本語に直すと「ウイルス性の」という意味の通り良い情報も悪い情報も病原体の様に無差別に広まってしまうというデメリットが挙げられます。

つまり、自分のサイトでブランディングした見込み客だけではなく、SNSという共通のコミュニティを使用するため反応の良し悪しに関わらず口コミの拡散を自由にコントロールさせる事が難しいのです。

そのため実力の伴わない内に目先の利益ばかり考えて「簡単に稼げる」など責任感のない言葉を発し、実際に稼がせる事が出来なければ信用されなくなってしまいます。

バイラルマーケティングで情報を拡散させる際には目の前に人がいる事を念頭に、実績と根拠のある熱のこもった言葉を発信するべきです。

そうする事であなたの熱意が読者に伝わりプラスな形でバイラルマーケティングは機能し広まっていくはずです。