Pocket

どうも、シンです。

今回はザイアンス効果について解説します。

ザイアンス効果とは単純接触効果とも呼ばれ、人は触れ合う頻度が増えるほどその対象に対して親近感を持ち、好印象を抱く現象のことを言います。

ビジネスはもちろん、私たちが日常生活を送る上で様々な場面で自然と活用されている手法ですのでこの記事を参考にして理解を深めていってください。


ザイアンス効果とは


ザイアンス効果とは、アメリカの心理学者のロバート・ボレスワフ・ザイアンス氏が提唱した人間の習性のことで、人は自分以外の何かと関わる頻度が多くなるとそれだけ好感度が増すというもの。

これは、無意識に潜在意識が影響を受けていて、繰り返し目で見たり耳で聞いたりすると自分とコミットするものと認識し、自然と好感度が増していくということが理由となります。

例えば、学生時代の入学式の時を思い返すと最初は新しい環境でどんな友達が出来るかなーと少し不安になったりしますが、
時が経ち、授業や行事などでコミュニケーションを取る頻度が増えるにつれ仲良くなっていたということがあるはずです。

身近にあるザイアンス効果


テレビCMや雑誌の広告は、ザイアンス効果を逆手に取って商品販売で活用されている代表例と言えます。

普段生活するあらゆる場面で何度も接触すると印象が高まり、お客さんが商品の購入という行動に繋がる可能性が高まるのです。

また、接触時間よりも短い時間でも接触回収を増やした方が相手からの好感度が増すという研究結果が出ています。

恋愛の場面で例えると、初デートは小一時間カフェでお茶をする程度に留め、次の約束までドキドキして過ごす。

僅かな時間でも実りのある関係性を積み重ねていく方が、長い時間緊張を維持したまま無理して過ごすよりも好感を抱きやすくなるのです。

ここで注意しなければならない点は、
相手からの好感度が下がるような不必要な言動は慎むべきだということ。

人との良好な関係を築く為にはこちらの利益を優先して何かを押し付けるのではなく、相手の気持ちを配慮して「一緒に時間を共有できて良かった」と思ってもらう必要があります。

相手にとっても有意義な時間を過ごしてもらおうと真摯的な態度で向き合うことであなたから受ける言葉の一つ一つを噛みしめる様に耳を傾けてもらえる様になり、望んでいた結果を招くことに繋がっていきます。

ネットビジネスでの活用方法


ネットビジネスでザイアンス効果を活用する方法の一つとして、メールマガジンを日常的に配信することで読者との接点を増やすということが挙げられます。

新しい企画やアフィリエイトのアプローチをする時だけではなく単に読者に質の良い情報を提供するためだけにこまめに発信をする。

さらには書き綴ったコンテンツをSNSにバイラルさせて露出を増やすことでも接触回数は増やせます。



今回は、ザイアンス効果について解説しました。

質の良い情報提供を前提にあなたとお客さんの接触頻度を高め、息の長い関係を築き上げましょう。