Pocket

どうも、シンです。

今回は、商品を売る際に爆発的に利益を出すコピーの書き方についてお伝えしていきます。

お客さんがお金を出して購入する決断を行う時は、それを手にした事で得られる未来を想像します。

つまり、読者にビジョンを描いてもらうことで、商品がバカ売れする可能性が高まります。

今回はその方法を3つ解説します。


はっきりとイメージさせる


商品をバカ売れさせる為に不可欠なコピーの要素は「具体例を出す」ということ。

お客さんが何かを買う際はそこには必ず手にすることで得られる未来を想像しています。

洗剤のCMで例えると、台所の流し台の頑固な汚れが商品を使うことでみるみる内に綺麗になっていっています。

例えることで自分の考え方やビジョンが主張がお客さん自身が考えていることのように鮮明にイメージさせることができる。

最初は「読者に伝えたい言葉はこれだ」と思考を表面に出す作業に専念しても、いざ振り返って読むと主張が断片的で一貫性に欠ける文章になっていたりします。

友達との世間話を思い返しても言葉足らずで具体性に欠けると、いまいちイメージが出来ずに会話が頭に入ってこない時があります。

それと同じで読者がスムーズに読み進められるために分かりやすい形で具体例を出すことにより主張する内容が鮮明になり、共感してもらえる様になります。

大切なポイントを繰り返し伝える


2つめが文章の中心となる想いや考え、事柄を「反復させる」ということ。

コンテンツやメルマガで読者に届けたい情報を何度も反復して伝えることで、
強調させることが出来ます。

とりわけセールスレターは読者を教育する目的があるので自ずと文章が長くなります。

長文で情報が多いと文章の内容が価値のあるものだとしても結局何を言いたかったのか印象に残すことが難しくなりがちです。

そこで、

同じ言葉を繰り返して文章に重みを加え、読者の記憶に強く浸透させる

或いは表現を変えて同じ意味を持つ言葉を要所要所取り入れてリズムを刻み、
理解を深める

そう意識して書くことで伝えたいことが明確に分かり、価値を感じてもらえるようになります。

冒頭で伝えたい言葉を先に述べて関心を集め、掘り下げた上で文末に再度訴えかけることが効果的です。


ギャップを生み出す


3つ目が、

読者は文章を読む際は自ずと内容を予想して読む傾向があります。

ある意味その期待を裏切る

反復が言葉の意味を深めることに対してギャップを作ることには言葉の意味を強めるという効果がある。

具体的には対比する2つの言葉を繋ぎ合わせ意外性を演出し、言葉を際立たせることで意味を強めます。

例えば「海の様に青い空」という短い言葉。

本来であれば晴れていて青い空と表現した方が直接的に伝わります。

しかし対比を用いることで読み手の想像力が働き、天気の良い真っ青な空を鮮やかにイメージしてもらえるようになるのです。