Pocket

どうも、シンです。

今回はカードスタッキングについて解説します。

この記事を参考にカードスタッキングに関する知識を深め、コンテンツ作成に活用してください。

カードスタッキングとは


カードスタッキングは「カードを積み重ねる」という意味を持ち、トランプマジックの種と仕掛けの正体から由来されています。

・シカゴオープナー
・トライアンフ
・水と油
・etc

観客の目の前で手を巧みに操り、興奮と感動で満たすマジックは数あれど、やはり種や仕掛けは隠し持っているものです。

要となるのは、観客に現実に起きている出来事の様に錯覚させる情報操作を行えるかという点。

表現を変えると、自分にとって都合のいい事柄は強く主張し、あまり知られたくない事柄を隠蔽するテクニックと言えます。

具体的な場面


カードスタッキングの手法は先ほどお伝えした「情報操作」に加えてマスコミ統制を行う際にも大きな効果を発揮します。

例えば、

比較広告として、自社のAの商品の方が競合他社のBの商品よりも品質や性能が優れている特徴的なアピールポイントを前面に表示する場面。

新製品と旧製品を比較して、進化した点を強調させる場面に挙げられます。

意識的に世間に認識させる情報をを制限することでお客さんの反応(印象や考え方)を一方向に統一する様に影響を与えられる様になります。


ネットビジネスでの活用する方法


カードスタッキングの手法はネットビジネスに応用が可能です。

それが、他のプレイヤーに無い企画を用意して新鮮さをアピールすること。

ネットビジネスの基本は読者にとって価値のある情報を多く提供することにあります。

そのためクライアンを自由へと導くために行ってもらうことは変わりありません。

そこで重要になることが新鮮さを出すこと。

メルマガで読者からフィードバックを貰って比較対象にする。

自分史上初のイベントや特典を用意する。

そうすることで他のプレイヤーに比較されずに商品を購入してもらうことに繋がります。


以上がカードスタッキングの解説になります。