Pocket

どうも、シンです。
今回は、イメージコピーライターとセールスコピーライターの具体的な仕事内容について解説していきます。

コピーライターとは、文章を書くことに特化した仕事。

商品やサービスをお客さんに購入してもらうためには心に訴求する魅力的で分かりやすいメッセージを綴る能力が必要です。

書くという技術はビジネスを行う上で不可欠で、コピーライターの活躍の場は今後ますます広がっていくはずです。

この記事を参考にして今後のビジョンの参考にしてくださいね。



イメージコピーライターとは


イメージコピーライターとは、
企業が新製品の発売やプロモーションを行う際にそのものの好感度やイメージを最大限に上げるキャッチコピーを提供するライター業です。

一言で言えば、イメージを世の中に浸透させる仕事になります。

商品に対するイメージは販売する企業のイメージと直結するため双方で摩擦がないよう広告の枠の中で印象付ける能力が求められます。

これまでコピー自体が人の心に刻まれ、有名になったキャッチコピーをいくつかあげると、

・そうだ、京都行こう(JR東海)
・芸能人は歯が命(アパガード)
・生きろ。(もものけ姫)
・ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ(オリンパス)

など。

CMや映画、旅行代理店の広告などジャンルを問わず依頼を受けた企業のブランディングをしっかりと築くこと出来ればクライアントから信頼され、収益を確保できます。



セールスコピーライターとは


セールスコピーライター。

イメージコピーライターが商品とお客さんの橋渡しの役割を担う一歩で、
これは「成約に繋げる文章を書くビジネス」です。

・セールスレター
・DM(ダイレクトメール)
・ LD(ランディングページ)
・チラシやSNS広告などのコピー
・メールマガジン

通信販売などでこの様な成約へ繋がる商品紹介ページが掲載されいているのを見たことがあるかと思います。

ここで集客を行い、お客さんの購買意欲を刺激するオファーの内容をまとめ、具体的な行動(購入)へと促していきます。

お客さんの関心を引きつけ、実際に行動を起こしてもらう影響力のある文章を書くことが出来れば、質の良い仕事が出来たと言えます

セールスライティングの第一人者である神田昌典氏が著書「禁断のセールスコピーライティング」の中でこう断言しています。

「焼け野原になっても、翌日から紙とペンだけで立ち上がれる」

地球が回っている以上新しい商品やサービスは増えるので、読み手に行動したいと思ってもらえる文章を書く能力があれば、活躍の場はどこでも広げることができるのです。



今回はイメージコピーライターとセールスコピーライターについて解説をしました。

をまとめると、

・イメージコピーライター

商品の魅力や企業のブランディングを高めるイメージを発信する仕事

・セールスコピーライター

集客の段階からお客さんの反応を高め、販売まで一貫して請け負い成果を出す仕事

この記事を参考に将来のビジョンに役立ててくださいね。