Pocket

どうも、シンです。

今回はマズローの欲求五段階説についてお伝えしていきます。

「欲望」という言葉を聞くと、バブルが弾けた様なものと相対し、どこか罪悪感を抱かずにはいられないという人もいるかもしれません。

しかし、人が何か目的を遂行する中で理由は必ず存在し、欲望は生命力に繋がるイマジネーションを作りだします。

マズローの欲求五段階説。

これはアメリカの心理学者であるマズローが提唱した説で、人間の潜在的に抱く欲望をピラミッド型に五段階にステージ分けし、最下層から頂上へと段階的に満たされていくというもの。

①生理的欲求
②安全欲求
③親和欲求
④承認欲求
⑤自己実現欲求

人間の欲を解放するステップにはこの様に共通点があり、
一つずつ心を満たすことで利己的な性格から博愛的な人格を形成するようになるとまで言われています。

心理学にも立証されているこの法則はターゲティングを行う際にも有効です。

ラブレターと同じで、見込み客に気持ちや考えを正確に届けるためには、対象となる人物の特徴をしっかりと把握する必要があります。

その観点からしてマズローの欲求五段階説をベースに相手の欲求の実現を可能とするオファーを投げかけることであなたの提案に価値を感じてもらえるようになります。

それぞれの段階を詳しく見ていきましょう。

生理的欲求


食欲・睡眠・排泄など。

人が母親のお腹から生まれた時から現在まで当たり前に行っていて、生命を維持するためには必要不可欠な欲のことを指します。

これらが満たされない状況が僅かでも続くと病気や身体に異常をきたしてしまう恐れがあります。


安全欲求


安心・安全な生活に関する欲求。

生理的欲求が適度に満たされたことで生活リズムが整い、次に芽生える欲求が「安全欲求」です。

今よりも健康的な暮らしや経済的に余裕がある状態になることで安心安全な感情を保ちたいという欲求をいいます。

絶えず身の危険にさらされたり注意深くしていると、そのことで頭が一杯になり、幸せに心を満たす次のステージへと進むことが困難になるので注意が必要です。

社会的欲求


グループやコミュニティ(社会)に属して仲間が欲しいという欲求です。

これまではパーソナルな内的要因を満たすことに注力していたことに対し、この段階からは今いるステージを見つめ直し、外部とも密接な関わりを求めるようになります。

人は本来、一人では生きてはいけない動物で本能的に社会との接点を持とうとします。

どこかに所属することで孤独を紛らわせ、安心したいという欲からきます。


尊厳欲求


他者から尊敬、評価されたいという欲求。

社会的欲求で帰属意識が満たされるとその中で他の人から人格や能力を認められたいとう欲求が生まれます。

集団の中で実績を作り他人から賞賛を浴びたい、誰よりも中心人物でいたいという欲求が「尊厳欲求」となります。


自己実現欲求


成長に関わる欲求。

最大限の能力を発揮して壁を乗り越えたいなど自己成長に結びつく欲望がこれにあたります。

例えば、甲子園出場を目指していた高校野球部が目的を達成し、砂を持ち帰らずに優勝を目指すことが挙げられます。

以上がマズローの欲求五段階説の解釈となります。

今回ご説明したピラミッドの欲求に沿ってターゲティングを行い、それぞれの問題を提案をすることで成約率を高めていきましょう。