Pocket

どうも、シンです。

2018年になりましたね^ ^

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

皆さんはどの様な正月を送りましたか?

NYのタイムズスクエアで新年のお祝いをした方、除夜の鐘を鳴らしに長蛇の列に並んだ方、いつも通り仕事をしていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみに僕は、ゆく年くる年を最後まで見終えずにうたた寝してしまい、気が付いたら2018年を迎えていました。

僕の正月の過ごし方は、大阪の河内長野にある田舎で両親や兄弟、従兄弟たちが集い新年のお祝いをします。

至って平凡な過ごし方ですが、普段なかなか揃って会えない分、ゆっくり語らうのもいいものです^ ^

短い正月を過ぎると暦の上では迎春。

そこで今回は、桜が咲き春を本格的に迎える前に2017年の振り返りと2018年の抱負について書かせて頂きます。

2018年を謳歌するために今この時を大切に希望という桜満開な花道を歩み出してみませんか^ ^

2017年を振り返って


僕にとって2017年は新しい自分に生まれ変わる人生の幕開けと呼ぶことが出来る年となりました。

四字熟語で「知覚動考」という行動の質を高めるための教えがありますよね。

まさしく「知・覚」という部分があてはまります。

それが、ネットビジネスという働き方とメンターとの出会い。

就職氷河期に会社という組織に属してからは上手く自分を表現することが難しくなりました。

周りの人と調和を保つことを最大の美学とし、常に自分を押し殺して仕事とは関係ないことは何も考えない生活を過ごしていました。

幸せから目を逸らし、家と会社の往復するだけの日陰の生活。

30歳を迎え、これまでの10年間の何のドラマもない生活に嫌気がさし、 自分自身の人生を照らすための方法はないか探すようになりました。

そこで、ネットビジネスという働き方を知り、運良くメンターと出会うことが出来ました。

それからはメンターの元でネットビジネスを行う上で必要な知識やマインド、人に価値を与える喜びを教えて頂き、
無我夢中で取り組んでまいりました。

人は何か新しいことを始める時は大きなエネルギーを必要とします。

不器用ながらに現実を動かそうと未来に手を伸ばしている自分を認め、新たなステージに向かい2018年を突き進みます。

2018年の抱負


2018年の抱負は知覚動考の「動・考」です。

2017年の8月からメンターから教えを受けて成長する喜びを感じ、実際に今後手がけていくビジネスのことを考えるとワクワクが止まりません。

学びに終わりはないので2018年も引き続き日進月歩で知識を自分のものに取り込むことは当然のこと。

今年はクライアントを集め、実際に成果を出してもらうことを目標とします。

そして、人としても大きく成長していきたい。

多くの情報を自分のものにするためには器を広くしなければこぼれてしまう





目標を達成するためにはまず自分自身が成果を出さなければなりませんね。

人間としても大きく魅力









あなたなら2018年をどう過ごしますか?





しかし、


僕がネットビジネスに


日々の喧騒は脇に置き、たまには心を落ち着つかせて正直に過ごしてみる。

不器用で今のあなたに自信が

一生懸命に毎日を紡いでいるのかもしれません。

視点をきっかけに




価値を提供する対価として報酬は頂きます。

自分のビジネスを拡大させる事がとても面白く、かけがえのないものだと思っている。

かといってお金稼いで自分だけ幸せになろうだなんて微塵も考えていない。

対価の使い道は様々な経験に充て、
人間性を高めていきたい。




良い流れを循環させていきたい。




「一年の計は元旦にあり」