Pocket

どうも、シンです。
今回はシングルユースマルチユースについてお伝えします。


シングルソースマルチユースいう言葉からも分かる様に
一つのコンテンツを複数の媒体を通して拡散させる手法です。

この手法は様々なシーンで有効な手段として活用されていますが、多くの人に情報が伝達される理由は2つあると考えています。

①若者のテレビ離れが騒がれている現代は情報を受け取る手段は偏りがなく、様々な媒体で知る事が出来る

②人類総アーティスト時代と謳われる様に個人が情報を発信する時代

この記事を通して世の中にある媒体を活かす知識を身につけていきましょう。


身近で行われているケース


街を歩いていると新製品の化粧品などの看板広告を良く見かけますが、これらもシングルユースマルチユースの手法が活用されています。

①若者が新製品の看板に興味が湧いて検索するとSNSのページに誘導される。

②キャンペーン中で特典がもらえるから「いいね」をする。

③SNSでそのサイトを知った友人が同じ様にいいねを押して多くに人に拡散される。

この様に多くの媒体で1つの情報を流すことによってコンテンツの存在を知ってもらう機会を得られるのです。


ネットビジネスで活用するケース

この手法はネットビジネスと非常に相性が良く情報の拡散が大いに期待できます。

例えば、最初にコンテンツを充実させようとメインブログに記事を更新したとします。

Facebookで更新した内容の要約をする。

その後にTwitterで記事を書いて感じた事をつぶやく。

Youtubeで文章だけでなく自分の言葉でさらに深い内容を発信する。

そうして一つの情報を多くの価値あるコンテンツとして世の中に発信することが出来るのです。

大切なのは媒体として活用するそれぞれの媒体の特色を理解して発信すること。

Facebookは写真を使って視覚で関心を引いて投稿した内容の要約を発信して機能的価値を伝える。

Twitterは他のメディアと比較すると文字数が制限しているため感情的価値を高める。

Youtubeは記事では書ききれなかった内容や個人的な考えを膨らませて機能的価値と感情的価値の双方を高める。

TwitterやFacebook、YoutubeなどのSNSを利用するお客さんはどんな目的で使用しているのか

媒体に合わせた方法で情報発信をする必要があります。


今回お伝えした手法は集客でありながら同時に様々な角度から価値を高める事が出来ます。

以上がシングルユースマルチユースの概要になります。