Pocket

どうも、シンです。

今回はアップセル、クロスセルについてお伝えします。

この2つの手法は日常生活を送る上でも当たり前の様に使われています。

この記事を通して商品を販売時に意識すべきマーケティングの視点を身につけ、ご自身のネットビジネスに役立ててくださいね。




アップセル


アップセルとは、ある商品を気に入りレジでお財布を出そうとしているお客さんに対して、さらに付加価値が付いて高額な商品を紹介する販売手法のことです。

例えば、ウナギ屋やお寿司さんに行くと、食材の品質や品揃えによって松茸梅でプライスが分かれている事がよくありますが、これもアップセルの一種です。

ネットビジネスではセールスページで通常価格の商品の申し込みページのすぐ近くに特別枠としてグレードアップ商品の購入ボタンを設置する方法でアップセルを活用しています。

注意すべき点は「売り込みをしない」ということ。

やみくもに単価の高い商品を煽る形でセールするのではなく、2つの商品のどちらを購入したら満足いくかお客さん自身にしかっりと考えてもらう。

購入後もお客さんからの信頼に応えようとする意識で販売する事でこの次にプローモーションする商品を購入してもらえる可能性が高まるのです。

ブランディングを通して培ったお客さんとの信頼関係を大切にして息の長いお付き合いをすべきです。



クロスセル


クロスセルとは、ある商品を購入してすぐ後に
「こちらの商品もいかがですか」と別の商品の追加購入も促す手法です。

これはネット通販の購入確定ページを思い返してもらうとわかりやすいかと思います。

財布の紐が緩んで購入意欲が高まっている状態とこれから商品を探そうとしている段階ではどちらが購入率が高いかといえば、やはり前者ではないでしょうか。

この様に私生活でもクロスセルの手法はよく見かけます。

・ジャケットを買いに来ただけなのに店員さんにやたら親しげに話しかけられ、僕に似合う商品を続々とオススメされる

・ファーストフードの店員に「サイドメニューの追加注文はいかがすか」と聞かれる

・などなど

ネットビジネスでクロスセルの手法を取り入れる時のポイントも共通して購入意欲が高まっている状態でセールスをかけることです。

購入者限定のメルマガを準備して教育し、そこでさらにクロスセルのアプローチをかける事が活用する主流になります。

注意点はアップセルと同じで購入する意思はお客さんにしっかりと持たせること。

ブランディングを維持する上で売り込みは決してしない心構えで販売をしていきましょう。


以上がアップセルクロスセルの手法の大まかな仕組みとなります。

ご自身が商品を購入する際にこの手法を当てはめて一人のお客さんに対する利益率を高めていきましょう。