Pocket

どうも、しんです。
今回はpost plugin libraryについて解説をします。

wordpressでブログを運営する上で機能を充実させるために必要なもの「プラグイン」

目次を自動で作成するものや、検索エンジンを最適化させるもの、お問い合わせフォームを設置するためのものetc

パッと思い浮かぶだけでもそれぞれ役割が明確になったプラグインがありますよね。

そんなプラグインとは別に独立では機能しないけどアクセスを集めるサイトにはかなりの確率で導入されているプラグインがあります。

それが、post plugin library

役割がはっきりとしていないので「みんなインストールしているから何となく」と取得している人も多いはず。

そこで今回はpost plugin libraryがブログ運営においてどのような役割をするのかご説明していきます。

post plugin libraryとは


post-pluginWordPress-libraryは無色透明でそれ一つでは何の働きも出来ません。

逆に言うと、wordpress内の他のプラグインとの親和性が高く、それぞれの効果を背後からサポートして効率化を図るという役割をするということ。

プラグイン専属の秘書の様にデータを分析する能力があり、ブログににアクセスがいくつ集まったか・投稿記事の情報の記録などをしてくれるのです。

一例を言うと、

Similar Postsプラグイン:関連する記事を表示する役割
Random Postsプラグイン:記事をランダム表示する役割
Popular Postsプラグイン:人気記事を表示する役割

などがこれに当たります。

この様な場面で縁の下の力持ちとして他のプラグインの活躍をサポートしているのです。


プラグインのインストール方法


post-plugin-libraryをインストールする方法はWordpressから新規追加する方法と提供元のサイトから直接取得する2通りの方法があります。

今回はいくつものプラグインの中から探し出す手間を無くすために直接サイトからファイルをインストールする方法をお勧めします。

post-pluginWordPress-libraryのダウンロードサイトはこちらからどうぞ。


ZIP形式のファイルをパソコンに取り込む事が出来たら解凍し、プラグインの解凍をします。

最後にFTPでアップロードすればインストールは完了です。

post plugin libraryはインストール後の設定などは必要なく、自動で他の対象プラグインのサポートをしてくれるようになります。

「痒い所に手が届く」という言葉が似合うこのプラグインは、日々記事を更新する中で静かにアクセス数や情報を管理して役割を果たしてくれているのですね。

今回はpost plugin libraryについて解説をしました。