Pocket

どうも、しんです。
今回はNo Self Pingsについて解説をします。

No Self Pingとは、セルフピンバックをwordpres上で無効にしてくれるプラグインのこと。

記事を更新してボリュームが増えると何がどこに書いてあるのかまとめる必要性ができ、自身のサイト内部にリンクを貼る事がとても重要となります。

しかし、セルフピンバック機能をONにしていると外部・内部に関わらずすべてのリンクにピンバックを送ってしまいます。

これにより、後々コメント欄がセルフピンバックで埋まってしまい読者からの大切なメッセージに気がつかないという事態に陥る可能性が生じます。

読者からの被リンクの通知を受け取ったらすぐに確認が取れるようにしておきたいですよね。

No Self Pingであれば、自分自身が貼った内部被リンクによる通知を無効にしてくれ、外部から受けた被リンクのみを対象にお知らせしてもらえるようになります。

ピンバックする度に増える自分からの通知を削除する手間が省け、第三者から受けた被リンクをすぐに見つけだすことが出来ます。

ピンバックとは


wordpresにおけるいわゆる「お知らせ機能」のこと。

自分の投稿記事のリンクを誰かのサイトに設置されると、
「ブログが紹介されました」と、通知を受け取ることが出来るのです。

同じジャンルの内容の記事を書く際に他の方のサイトを参考として引用をする場合があるとします。

記事の本文に挿入したURLをwordpresが自動認識し、元の運営者に送信するシステムとなっています。

また、相手方からリンクを承認されるとバックリンクが貼られるようになります。

発信する情報が関連している運営者が繋がるため、「相互リンク」を貼るきっかけに大きく寄与します。

お互いの記事にリンクを掲載することでそれぞれのサイトの読者が関心を示した場合、アクセスを呼び込むことに繋がります。

また、多くのレベルの高いサイトから被リンクを受ける事でGoogleが「質の良いサイト」と評価をし、検索上位に表示されるようになります。

No Self Pingsインストール方法


それではNo Self Pingのインストールを行いましょう。
wordpres管理画面のプラグインの項目から新規追加を選択してください。


プラグイン追加の画面に切り替わったら、右上の検索バーにNo Self Pingと入力。
そうすると、検索結果の最初の方に次の画像のプラグインが表示されています。

今すぐインストールを行い、最後に有効化を選択すると完了です。


有効化が完了すると管理画面の「インストール済プラグイン」の項目に新しくNo Self Pingsが増えています。

No Self Pingはプラグインをインストールして有効化をさせれば後は自動で働いてくれます。

プラグインを活用するための細々とした設定作業は必要がなく、有効化をしただけでセルフピンバックの役割を果たしてもらえるようになります。

今回はNo Self Pingsについて解説をしました。