Pocket

どうも、シンです。

今回は周りの人を幸せへといざなう
リーダーとしての在り方についてお話します。

リ-ダ-は円滑に業務を進めるためにチームワークを重視した清々しい現場の「空気間」を作り出す役割を担っています。

気を張る事なく自然体に仕事が出来る清々しい会社だと、
社員も仕事に集中でき、チ-ムワ-クを活かした質の良い仕事が出来るためです

その傾向は多くの会社の経営理念にも表れていて、世界一笑顔の溢れる会社を作ろうと取り組む会社もあるほど。

人を指導する立場である以上は、
最大限に能力を引き出す「やる気スイッチ」を見つけて押す責任が伴います。

AIが普及されようが何だろうがビジネスにおける「人と人との価値の交換」の原理に終わりはなく、              「返報性の法則」により、リーダーからの教えを次の世代へ受けわたすという好循環を維持するためです。

それでは、周りのいる仲間を良い方向に導くリーダーであるための心がけをお伝えします

人の幸せを本気で願う事が出来る

僕が考えるリーダーとしての素質のある人。

それは、人は勢いのある人を付いていくべき人だと認識します。

例えば、漫画のone pieceのルフィなんかそう。

周りを巻き込みながら自分勝手にやりたいことをしているのに人はついていきます。

 

それは、心の中にある核を微動だにせず、人の幸せを心から願うことのできる人。

ドラえもんののび太もそうです。

彼は、運動音痴でテストも0点のパットしない男ですが、いざとなった時は自分の身を危険にさらしででも助けにく強い心の持ち主。

静香ちゃんのハートを射止めたのもこの周りの人の幸せを本気で願うことのできる一面があるからこしれません