Pocket

どうも、シンです。
今回はpretty-linkについて解説をします。

pretty-linkとは、wordpresを使用したサイトの短縮URLを簡単に作成・管理するためのがプラグインのこと。

自分専用の短縮URLを取得することにより、これまで雑多だったURLが「ブログURL /⚪︎⚪︎⚪︎」とスッキリかつ明確に表示することが出来るようになるのです。

例えば、この記事を短縮URLで作成すると、http://shibashin.net/pretty linkとなります。

また、独自のクリック解析機能が備わっていて読者が「どの記事をどの時間に何回クリックしたのか」を詳しく計測されたデータを元に知ることに繋がります。

1人で黙々と記事を書いていくよりも、読者からの客観的な視点を通して記事の質を向上させていく方がより良いブログになるはずです。

このプラグインは有料版も提供されていますが、無料のものでもしっかりと効果を発揮します。

それでは、pretty linkのインストールと簡易URLの作成をしていきましょう。

pretty-linkのインストール

まず、pretty-linkのインストールを行いましょう。

wordpressのダッシュボードにあるプラグインから新規追加を選択します。

プラグイン追加の画面に切り替わったらpretty-linkとキーワード検索をしてください。

検索結果の最初の方に次のプラグインがありますので「今すぐインスール」をします。

最後に「有効化」をさせると導入完了です。

なお、wordpresのパーマリンクが初期設定のままだとこのプラグインの使用は出来ません。

契約期間が終了しているパーマリンクの変更はデータが消去される危険性なども危惧されます。

その場合はドメインを新しく用意し、改めた形でPretty linkを活用していく方法をお勧めします。


pretty-linkのインストールが完了すると、
管理画面に新しくメニューが追加されているのでこちらから設定へと進んでください。

日本語には対応しておらずすべて英語対応となっているので一つずつ見ていきましょう。


pretty-linkの設定


新しく短縮されたURLを作成するためには上から順番に設定します。


Redirection Type
リダイリクトの種類を選択します。
通常は一時的なリダイリクトを指す「307」のままで変更は不要です。

Target URL
新しく短縮したいリンク先のURLをコピーして貼り付けます。

Pretty Link
target URLで貼り付けたURLをどのような文字列にするかをここで設定する事が出来ます。
デフォルトでは文字列がランダムに並んでいるだけですので、リンク先の情報が思い浮かぶ様に簡単な単語を挿入すると分かりやすくなります。

Title
短縮URLを作成する場合、管理画面上に分かりやすい名称でラベル記録をしておくと後で確認する時に便利です。

最後に入力事項に間違いがないか確認したら最後に「crette」を選択すると短縮URLが作成されます。

Clicks~短縮URLのクリック率を確認する方法~



こちらの「Clicks」では、短縮URLを使って公開しているページを読者が開いた際に自動で統計解析のデータを記録してくれます。

短縮URLの登録後しばらくすると、リンクをクリックした読者の傾向(アクセス日時、リファラー、クリック数など)を知ることが出来ます。

このデータを基準としてどの場所にリンクを貼るとアクセス率を高められるかどを予測するようにすると良いです。


今回は、Pretty Linksについて解説をしました。