Pocket

どうも、shinです。

今回は、PREP法についてお伝えします。

この記事を通して論理的に話を展開し、言葉に信憑性を持たせる文章構成の法則を身につけてくださいね。

 

## PREP法とは

PREP法とは、

・P:POINT→論点(中心となる話題)
・R:REASON→論点に対する根拠
・E:Example→根拠に繋がる事例
・P:POINT→論点(念押し)

この4つの説明の段階を経て構成されるひとまとまりの文章の流れを法則に表したものです。

大きな特徴は前置きがなく話題の中心となる論点を一番最初に提示しており、
後付けとして具体例を織り込んだ理由を述べているます。

 

法則通りに結論から先に伝える事で得られるメリットとして次の3つが挙げられます。

 

①相手の集中力が高い時に話すことで一番伝えたいことを強く印象付けることができる

 

②「初頭効果」として相手の記憶に残りやすい
最初に聞いた話が記憶に残りやすいという性質を持つ

情報を受け取り姿勢の時に最初に受けた内容が頭の中に刷り込まれる

③読み手の時間やエネルギーを奪いにくい

 

 

読み手が感じるであろう疑問を予想し、解消しているから

 

論理的に伝えられる

最初に結論を伝え話の趣旨を掴んでもらい、
その理由を説明、
具体的な事例、
最後に再度、結論を伝える

ネットビジネスでは相手が求めている価値ある情報を正確受け取らせ、行動に移してもらう必要があります。

つまり、最初に理由を伝え、根拠となる具体例を説明
論理的に物事を説明する能力が求められます

最初に前置きを作らずに理由を述べる事で相手の注意力や意識、関心が話して手に向き、
聞く姿勢を整えてもらえる

なぜそのような理由になったのかという疑問を持たせる

そして、すぐに根拠と具体例で説明し相手の疑問を解消する事でそういう事かという納得をさせるため、
説得力のなかった理由に説得力が加わる

 

 

初めに伝えた趣旨に対する具体例を織り込んだ根拠により、
論理的に相手に情報を伝え、
訴求力を高めることができる

結論から先に伝えるメリットは3つあります

 

①集中力が高い時に話すことで一番伝えたいことを強く印象付けることができる

 

②「初頭効果」として相手の記憶に残りやすい
最初に聞いた話が記憶に残りやすいという性質を持つ

情報を受け取り姿勢の時に最初に受けた内容が頭の中に刷り込まれる

③読み手の時間やエネルギーを奪いにくい

読み手が感じるであろう疑問を予想し、解消しているから

 

 

 

 

## まとめ
PREP法は

P point 要点
R reason 理由
E example 具体例
P point 要点