Pocket

どうも、shinです。

今回はPASONAの法則についてお伝えします。

この記事を通してセールスレターやランディングページで読者の反応率を高めるライティング手法を身につけてくださいね。

 

PASONAの法則

PASONAの法則。

これはマーケターとして多大な実績のある神田昌典さんが、心理学を用いて考案され、商品を販売する際に読者をスムーズに購入へとシフトさせる文章の型です。

人が商品を選び、購入の意思決定をする

この背景にはある共通の5段階の思考パターンがあり、PASONAの法則としてそれぞれのアルファベットに意味を含ませ落とし込んでいます。

この法則をしっかりと腑に落としてコンテンツ・メルマガ・SNSの発信などで応用が出来ると、高い確率で集客に結びつける様になります。

それでは、PASONAの法則を1つずつ見ていきましょう。

P→Problem(問題)

最初が「問題提起」です。

読者がまだ気づいていない問題点を明確に伝え、認識させる。

A→Agitation (煽る)

次に提起した問題点を放置したままにすると大変な事になると煽り立てる。
(注:直訳すると煽るとなるが、あくまで親身に)

SO→Solution(解決 )
あなたの抱える問題を解決出来る方法があると解決策を提示し、
具体的な内容と根拠を伝える。

N→Narrowing Down(絞り込み)

限定、緊急である事を伝え、今すぐに購入をしなければ後悔する可能性がある事を匂わせる。

A→Action

文章を最後まで目を通して現実を変えたい読者に対して新たに行動を取るべき呼びかけを行います。

問題を解決する商品が必要となるので、
申し込みボタンを設置し、購入を促しましょう。

これらP→Aまでの一連の流れを経て読者を購入に駆り立てる心理誘導をPASONAの法則と言います。

今回ご紹介した法則は様々な業界の販売促進で活用されており、アフィリエイターとして必ず意識すべき王道の中の王道のコピーライティングの手法になります。

一方、世の中に広く浸透している手法でもありますから、法則の通り文章を当てはめるだけでは他のコンテンツと酷似してしまう恐れを秘めています。

ですから、既存の型を参考にしつつあなたらしさを大切にオリジナルカラーなDRMを前面に出していくべきなのです。