Pocket

どうも、shinです。

今回は4つのNOT、つまり人が商品を購入するまでの4STEPの心理的障壁のについてお伝えします。

この記事を通してコンテンツ作成時の離脱率の抑制はもちろん、
セールスレターの成約率の引き上げの参考にしてください。

 

 4つのNOTとは

人が商品やサービスと出会い、お金を出して購入に至るまでには次の4つの心理障壁を乗り越えなければなりません。

①Not open(開かない)

②Not read(読まない)

③Not believe(信じない)

④Not act(行動しない)

これら「4つのNOT」を乗り越える読者のハートを掴む魅力を発信して、順番に壁を乗り越えていく必要があるのです。

リアルビジネスとは異なりオフラインビジネスは、情報の受け手と顔を合わせてコミュニケーションを取る機会は少なく、信頼していただく為には読者にとってコンテンツを有益なものにし、感情を揺さぶり共感を得る必要があります。

商品販売が目的であるメルマガを配信する際は特に4つのNOTを念頭に置き文章を綴る必要があります。

それでは詳しくみていきましょう。

 Not open

Not openは開かれない。

つまり、自分とは無関係なものだと認識され、開いてもらえないという事です。

読者がメルマガを登録したらすべての内容に目を通してもらえるだろうと考えるのは発信する側のエゴでしかなく、
必要でないと感じたら気にもとめずに他のスパムメールと同化してしまいます。

仮にあなたから送られるメルマガが読者の生活にプラスの影響を与えるとしても開いてもらえなければ意味がないのです。

確率論として無料のメルマガスタンドを利用していてメール自体が読者に届いていない、若しくは自動的に迷惑ボックスにメールが流れで存在に気づいていないかもしれません。

読者にメルマガを開いてもらえないと感じているならばコンテンツの質やボリューム、集客につながるその他の要素を見直してみましょう。

あなたに魅力を感じ、ファンとなってくれる人が増えたら自然とメールを開く人が増えるはずです。

 

 Not read

あなたのメルマガをクリックしてもらえたなら次に待ち構える障壁がnot reade。

メルマガを最後まで目を通してもらう必要があります。

読者にメールを届ける人はあなた一人だけではなく、おせっかいな人がいるほど日頃から外部の情報にさらされています。

それに前提として精読する義務もなく、スクロールでパッと見て読者が価値を感じなければすぐに画面を閉じられてしまいます。

原因として考えられるのは、

メルマガを通して読者に何を伝えたいのか見えてこない。

レイアウトが揃っておらず雑然としていて非常に読みづらい

etc,,,

コピーライターとして読者に伝えるべき情報を正確に届けられない文章の書き方は致命傷になります。

メルマガの書き出しでメールを読むことで得られるメリットを明確に伝える、デザインを整えて読者が負担の感じない読みやすい文章を書くなど読者目線を意識して配信していきましょう。

 

 

 Not believe

メールを開き文章を読んでもらえました。

プライベートのSNSでは想いを伝えられれば承認欲求が満たされますが、
これはビジネスであり、情報を成約に結びつけなければなりません。

販売、成約に繋がる第3のSTEPとして登場するのは「信用を得ること」

お金を出して商品を購入する読者の消費者心理は想像したメリットを受け取り、悩みや不便をなくすことにあります。

メールマガジンに記載されているメリットは本当なのか読者の抱く不安や疑問を解消してあげなければなりません。

根拠に基づいた情報を伝え、購入段階の摩擦を減らし読者との信頼関係は始ると言っても過言ではありません。

その上で行うべき事を述べます。

実績がある人は数字を全面に出してこの人から学んでいけばたどり着けるかもしれないと期待させる

これから実績を出していく人は、

引用して発信した情報があるのであれば出典を明記する。

販売前から自分はどんな人柄なのか経験や感じた事を書く

そして、これから目標として叶えたい理想世界を決め共感してれた読者の声を大切にする。

どちらも画面の向こうにいるターゲットの顔を思い浮かべて理解し様に書き、信頼関係を構築していきましょう。

 

 

 Not act

3つのnotを乗り越え、成約の目前に待ち構える壁が「行動しない」です。

信頼関係を築き商品の魅力を大いに感じてくれた見込み客は、新しい自分へと一歩踏み出すべきか、
不満はあるけど慣れ親しんだ今の生活に留まるか躊躇しています。

あなたが最後にすべき作業は実にシンプルで、
「読者にしてもらいたい行動をはっきりと伝え、行動を促す」です。

つまり、行動しようか悩んでいる読者の背中を押す事ですね。

売り込みたい商品を読者に購入して欲しいわけですから、
購入ボタンを設置しクリックしてもらいましょう。

購入ボタンの側にあなたの素直な想いを伝え共感を得る、
希少性や限定性を伝え今行動しなければならないと緊急的な事柄として行動を促しましょう。

 

以上ご紹介した4つのNOTを意識して文章を書いて読者の心を掴み、
収入をうなぎのぼりにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にネットビジネスの世界は基本的に顔を合わせてコミュニケーションをとる機会はなく文章のみで魅力を伝えなければならない

リアルビジネスでもそうですが例えば洋服を買いに行った時にも同じ事が言えます。

 

メルマガを登録してくれても

ネットビジネスでは

ネットビジネスの世界では読者に商品を購入してもらい利益を得るにはコピーライティンフの能力を武者修行して高めることは不可欠。