Pocket

どうも、シンです。
今回はPubSubHubbub(パブサブハバブ)について解説をします。

情報発信で多くのアクセスを多く集めるためにはキーワードの検索結果で上位に表示されることが求められます。

そのためには質の良い記事を提供することはもちろん、Googleに見つけてもらうためにはインデックスされる必要があります。

トレンドアフィリエイトの様に同じキーワードを狙ってタイトルを付けた場合にどちらが上位に検索結果に表示されるかというと、googleインデックスにいち早く見つけてもらった方になるのです。

本来であればGoogleのクローラーが定期的に見回りをする際に見つけてもらいやすくするために、sitemap.xmlにURLを入力する手間がかかり検索されるまで反映待ちをする必要があります。

PubSubHubbubを取得することで投稿記事をブログに更新すると、そのURL入力よりも圧倒的に早く、かつ自動的にインデックス処理をしてくれるようになります。

2つのインデックスされる処理速度にはかなりのタイムラグがあります。

記事更新後、僅かな時間でインデックスされ悪意のある第三者に見つかる前にサイトに表示されるようになるので、パクリ防止にも繋がります。

さらに面倒な設定は必要なくプラグインをインストール・有効化するだけで効果を発揮するので、インデックスのスピードを早めてアクセス数を向上させるためにも導入しておくと良いでしょう。

PubSubHubbubのインストール

それでは、プラグインPubSubHubbubのインストールを行いましょう。

wordpress管理画面メニュー>プラグインの中から新規追加を選択します。

検索キーワードとしてPubSubHubbubを入力し、下の画像のプラグインを「今すぐインストール」してください。


現在ではPubSubHubbubの前に「WebSub」と名称が表示されていますが、こちらが正式なプラグインです。
最後に有効化をさせれば取得となります。

PubSubHubbubをカスタマイズする場合は

PubSubHubbubはデフォルトのままでGoogleに早い段階でインデックスされアクセス向上が見込め、パクリ防止の役割をしっかりと担います。

念のため設定画面の方を確認しておきましょう。


インストール・有効化を済ませたプラグインは「インストール済みプラグイン」から設定の変更が可能です。


https://pubsubhubbub.appspot.comhttps://pubsubhubbub.superfeedr.comここではハブサーバーの複製や編集の画面です。

この様に既にインデックスを行う為のURLは登録されています。

アクセスすることで運営元であるsuperfeedrのハブサーバーへと進むこと出来ますが、設定が難しいので特別な理由がない限りデフォルトの状態で活用していきましょう

今回はPubSubHubbubについて解説をしました。