Pocket

どうも、shinです。

今回はOATHの法則(オースフォーミュラ)についてお伝えします。

この記事を地図に読者の4つの問題意識のレベルを把握し、マーケティングに活用してくださいね。

 

 OATHの法則とは

OATHの法則とは読者のコンテンツに対する関心の度合いを4つのステージで可視化した法則の事で、下記の様にそれぞれのOATHのアルファベットで分類がされています。

Oblivious(無知)
Apathetic(無関心)
Thinking(考えている)
Hurting(困っている)

OATHの4段階のステージのうち何も知らないOから困りごととして捉えているHへとステージが上がるにつれ関心度が高まります。

同じ商品であっても読者の購買意欲の度合いによって臨機応変に伝える内容やニュアンスを変えていく。

そうする事で読者にとってあなたのコンテンツの価値がそれまでよりもグッと高まり、商品販売のアプローチを仕掛た際の反応を得られやすくなるのです。

それではOATHの法則を詳しく見ていきましょう。

 

Oblivious(無知)

『無知』は4つの問題意識のステージの中で関心の度合いが一番低い人に該当されます。

問題である事自体に読者がまったく気づいておらず、
一切関心を示していない状態をさします。

商品やサービスの持つ魅力が人の悩みや欲求にどれだけ好影響を与えるかで売れ行きが左右されます。

問題意識を持たない無知の人に向けて営業をかける事はとても難しいです。

このステージの人に商品を購入してもらうためには気づいていない問題がある事を諭す必要があるのです。

 Apathetic(無関心)

『無関心』のステージに該当する人は
問題に対して何も考えていないというわけではなく、
心のどこかで自分に関わりがあるかもしれないと認識はしています。

しかし、無関心であることから肌で深く感じ取ているわけではなく、
現実を変えようと努力をする意思は特にはなく言います。

このステージの人に商品を購入してもらうためには時間と労力がかかり骨が折れますが、
自覚している問題について深く考察させる必要があります。

そうする事で問題を解決しようとする意思を持たせ、
あなたの商品に関心が向くきっかけとなるのです。

 

Thinking(考えている)

「考えている」のステージに該当する人は日常的に感じている問題とどう向き合うべきなのかを模索している状態にあります。

ビジネスではこのステージの人を見込み客として働きかける傾向にあります。

「無知」「無関心」な人とは対照的に問題点を見出し、どうすれば悩みを解消できる考えているわけですから解決に導いてくれる商品があればすぐに手を伸ばそうとします。

読者があなたの商品を購入してからの未来を思い描けるほどメリットや魅力を分かりやすく明示する事が出来れば、
特別な商品として選ばれる可能性が高まります

Hurting(困っている)

「困っている」のステージに該当する人は頭から離れないほど深刻な問題として捉えており、
今すぐにでも楽な状態になりたいと心から願っている人を指します。

危機感を感じているわけですから、
商品の魅力を強くアピールする必要はなく、論点を絞り読者の期待するメリットだけ伝えればいいのです。

安心で効果的である解決策を提示するだけでも申し込みのボタンを押してもらえる確率が大きいです。

これらのOATHの法則を参考にぜひ反応の高いレターを書いてください