Pocket

どうも、しんです。
今回はWP Copyright Protectionについて解説をします。

WP Copyright Protectionとは、悪意のある第三者から自身のブログ記事の盗用を未然に防ぐプラグインのこと。

あなたが発信する情報の質が良ければ「他の人にも伝えたい」と引用という形で広めてくれる読者が増えるはずです。

しかし、中には丸ごとコピーして自分のブログにペーストして投稿をする悪意のあるユーザーもいます。

こういった事態を未然に防ぐ策として活用出来るプラグインがWP Copyright Protectionです。

通常コピー&ペーストする際はマウスを右クリックして範囲を選択しペーストすることになりますが、
このプラグインを持つことで範囲選択が無効となりドラッグが出来なくなるのです。

第三者の不正コピーを防ぐ機能のあるight Protectionを設定し、あなたの記事を守りましょう。

プラグインの設定


それではWP Copyright Protectionのインストールを行いましょう。
wordpres管理画面のプラグインの項目から新規追加を選択してください。


プラグイン追加の画面に切り替わったら、右上の検索バーにWP Copyright Protectionと入力。
そうすると、検索結果の最初の方に次の画像のプラグインが表示されています。


今すぐインストールを行い、最後に有効化を選択すると完了です。

WP Copyright Protectionの設定方法


不正コピーの制限について具体的な希望が特になければデフォルトの状態でも大丈夫です。

WP Copyright Protectionの設定をする場合は、管理画面の「設定」に新しく項目が増えているのでこちらを選択して次へ進んでください。


この様な画面に切り替わります。


Exclude Pages
「不正コピー禁止の設定を解除するページ」を設定する項目です。
除外する記事のIDを入力する事で個別の記事のコピーを許可するようになります。

Disable for registered users
サイト運営者本人に対して自分のブログからのコピーを許可する設定を行います。
オリジナルに作成する記事は不正コピーでは無いのでこちらはレ点チェックを入れて機能の無効化に設定しておきましょう。
記事を閲覧している人は右クリックのコピー禁止、サイト運営者本人は右クリックコピー許可と自動で規制を振り分けてもらえるようになります。

今回は不正コピーを防止するWP Copyright Protectionについて解説をしました。