Pocket

どうも、しんです。

今回は人の欲求に働きかけるGDTの法則についてお伝えします。

この記事を通してあなたのコンテンツに訪問した読者の感情を奮い立たせて行動に駆り立てるコピーライティングの手法を身につけてください。

GDTの法則とは

GDTの法則とは、コピーライターとして世界的に有名なマイケル・フォーティンが経験に基づき提唱したセールスレターの手法で、
人が共通して抱く欲望を9種類に分類し、さらにG、D、Tの三種類に体系化した法則の事を言います。

人が商品と出会い、興味を持ち、購入するアクションを起こす過程には、
深層心理が大きく関係していて、
理性<感情<本能の順に欲求から購入までの流れが強くなります。

つまり、GDTの法則(9つの欲求)をセールスレターの文章の中にバランスよく散りばめることにより、読者の感情を動かし、本能に働きかける文章を書く事が出来れば発信するコンテンツを最後まで読み進めて貰いやすくなり、他の記事にも興味関心を持たせ見込み客の獲得に繋がるのです。

それでは、読者の感情を震わせて行動を誘発する9つの欲求についてGDTの法則に沿って見ていきましょう。

 

GDTの法則①『GOAL』

GOALとは、目標を決めること。

・TIME 時( 時間をかけない)
・Effort 労力(努力をしない)
・Money 金(お金を抑える)

GDTの法則②『Desire』

DESIREとは、情熱を傾けること。

・Greed  富・名誉(富を築きたい、人から賞賛を得たい)
・LUST 愛欲(異性から愛されたい、いつまでも美しいと思われたい)
・Comfort 安息(あらゆる苦痛とは無縁の快適である状態)

GDTの法則③『Teaser』

TEASERとは、焦燥感を感じる、興味を向けること

・Scarcity レア(残り僅か、〇〇時間限定)
・Curiosity 関心(あなたの問題を解決する簡単な方法とは)
・Controversy反社会性(テロリストの思惑)

 

GDTの法則を活用してあなたの発信するコンテンツの内容に合わせて人を行動に駆り立てるブログを作りましょう。