Pocket

どうも、シンです。
今回はBroken Link Checkerについて解説をしていきます。


Broken Link Checkerとは、自分のコンテンツの中にリンク切れの記事があった場合、自動的に検知してくれてお知らせをしてくれるプラグインです。

膨大な量の記事にリンク切れをしていないか手動でチェックすることはとても大変な作業ですし、もし見落としがあったまま放置してしまうと他のサイトへ移ってしまうだけでなくSEOの低下の恐れも十分にあります。

このプラグインを活用することでリンク切れのURLを一括で編集出来るようになり、さらにどの箇所がリンク切れになってるか事細かく説明してもらえるようになります。

それでは、設定方法を見ていきましょう。

Broken Link Checkerのインストール



まずは、Broken Link Checkerのインストールから始めていきましょう。

wordpress管理画面のプラグインから新規追加を選択します。

検索画面で上の写真のプラグインを見つけて「今すぐインストール」と「有効化」させてください。

これで取得は完了です。


Broken Link Checkerは今回の様にwordpressから取得する方法に加えてプラグイン公式サイトからダウンロードする方法があります。

Broken Link Checkerの設定

それでは、Broken Link Checkerの設定へと進みましょう。

「インストール済みプラグイン」からBroken Link Checkerの設定をクリックしてください。

プラグインの有効化の段階でリンク切れはないか自動でチェックしてくれます。

デフォルトの状態でも機能の役割は果たしてくれますが、より自分好みにカスタマイズしていきたいのであれば設定へと進みましょう。

一般




この画面では自分のコンテンツに現時点でリンク切れはないかチェックすることが出来ます。
もしリンク切れが見つかった場合はステータスの項目に表示されることになります。


「各リンクをチェック」ではプラグインが自動的にリンク切れをチェックする周期を時間単位で設定することが出来ます。

さらに問題が発生した際の通知をダッシュボードの他に登録したメールアドレスに送信してくれる機能があります。


含まれるリンクを探す



リンク切れチェックを自動で検知する上で対象とするページ項目の設定や記事の公開状態を選択して設定することが出来ます。

チェックするリンクの種類


どのような種類のリンクをリサーチするのか対象を絞ることが出来ます。

リンク切れをチェックする方法

Broken Link Checkerを通してサイトのリンク切れを確認する際は管理画面のツールから「リンクエラー」をクリックしましょう。

簡単にチェックすることが出来ます。

以上がBroken Link Checkerの解説になります。