Pocket

どうも、シンです。
今回は、PS Auto Sitemapについて解説をします。

このプラグインをwordpressに設定することで記事のサイトマップを自動的に生成するためのもの。

長期的に情報発信をしていくと何か一つのジャンルのコンテンツであっても内容がいくつかにカテゴライズされていきます。

また、新しい記事から順にトップページに表示されていきますので更新する度に古い記事が陰に隠れてしまうようになります。

その対策としてPS Auto Sitemapを活用させると記事の内容に沿って図書館の本のように分類することが可能で、読者が知りたい情報を見つけ出しやすくなります。

一度設定を済ませてしまえば自動的にサイトマップが更新されて行くので、余計な手間が減りその時間を他の作業に充てることが出来るようになります。

それでは、見ていきましょう。

PS Auto Sitemapの新規取得



wordpress管理画面のメニュー項目からからプラグインを選択し新規追加へと進みましょう。

検索機能を使って上記のPS Auto Sitemapを「今すぐインストール」をクリック。

最後に有効化を認証させるとこれでインストールは完了です。

このプラグインは配布元の公式サイトから日本語で直接ダウンロードすることも出来ます。

プラグインを固定ページ登録


次にPS Auto Sitemapの設定をします。

サイトマップページの作成から進めていきましょう。

wordpress管理画面の固定ページから新規追加を選択してください。


新規固定ページに切り替わりました。

サイトマップをコンテンツに常に表示させておくためには「固定ページ」に登録する必要があります。

サイトマップページを作成するわけですからここでのタイトルは「サイトマップ」と入力し、
本文にはPS Auto Sitemapのコードを貼り付けてください。

ページ右上部にある「公開」のタブを反映させましょう。

最後に次の様に固定ページのURLに表示される数値を忘れずにメモとして保存してください。


個別設定



次に作成したサイトマップをどのような形式でコンテンツに取り入れるか具体的に設定していきます。

wordpressの管理画に戻り「設定」のメニューを選択すると新しくPS Auto Sitemapと表示されているのでここをクリックして進めていきましょう。


公開したホームページに最初にどのページを表示させるか決めることが出来ます。

・サイト本体のテキストリンク
・投稿記事のリンク
・固定ページのリンク

この3つを自由に組み合わせ掲載しましょう。


「サイトマップを表示させる記事」にはサイトマップの固定ページを作成した際に保存したIDを入力してください。

「出力階層」はカテゴリーの階層をどの深さまでサイトマップに表示させるかを自由に決めることが出来ます。


サイトマップに表示させたくないページがある場合、ここで除外対象を設定することが出来ます。
設定させるためにはカテゴリやIDの情報を確認しペーストする必要があります。

以上がPS Auto Sitemapの解説になります。