Pocket

どうも、シンです。
今回はAdSense Managerの設定方法について解説をします。

AdSense Managerとは、
運営しているブログにアドセンスをノンストレスで設置する際に有効となるプラグインです。

情報発信で最も稼ぎやすい方法がアフィリエイトと言われており、
いかにアドセンスを効果的に記事に取り入れることが大きく収益を発生させることに繋がります。

通常アドセンスを記事に挿入する場合は「広告タグ」を都度入力する必要があり、

そこでAdSense Managerの出番です。

こんプラグインを活用することによりアドセンス広告の設置場所の制限が下がり、本文の途中であっても広告を貼り付けることが出来るようになるのです。

AdSense Managerのインストール手順


まずは、プラグインAdSense Managerのインストールから。

wordpressダッシュボードのプラグイン>新規追加から新しく上記のAdSense Managerを取得します。

インストール後に有効化を済ませたら完了です。

AdSenseコードの取得


プラグインAdSense Managerのダウンロードが完了し管理画面の「投稿」をクリックすると、Ad Unitsというメニューが新たに表示されているのでここから設定の方を進めることが出来ます。


こちらがAdSense Managerの設定画面です。
英語表記で難しい様に感じるかもしれませんが、手順はそう多くはありません。

自分のコンテンツに掲載したいアドセンスの広告タグをコピーアンドペーストで「Add your Ad」の空白箇所に挿入する。

最後に設定画面の下にある「import」のボタンをクリック。

それだけで記事内に広告を掲載されるようになります。

今回は、記事に広告を掲載するプラグイン「AdSense Manager」の使い方について解説をしました。