Pocket



どうも、シンです。
今回は、Password Protectedについて解説をします。

Password Protectedとは、自身のサイトにパスワード認証が必要なロックをかけるためのプラグインです。

情報発信をしていく中で企画参加者用の会員専用サイトや脚色途中の記事など、閲覧制限を設けたい場面は誰にでも訪れるはず。

しかし、その都度Wordpressのデフォルトの機能であるBASIC認証を手動で設定していては無駄に労力がかかってしまいます。

そういった場合にこのプラグインを活用し、任意で秘密のパスワードを設定して鍵をかけることで、次のページを開く資格を持つ限られた読者のみが閲覧することが出来るのです。

この記事を参考に、Password Protectedを設定し、活用していきましょう。

プラグインの設定方法




まずは、Password Protectedをwordpressにインストールをします。

管理画面のプラグインの項目から新規追加を選択し、Password Protectedをダウンロード。

そして、上記のプラグインを有効化してインストールは完了です。

パスワードの設定方法




次はインストールしたPassword Protectedをのカスタマイズをします。
設定を行う場合は、管理画面の設定の項目からパズワード保護の編集をクリック。

ここでは、サイト全体にかけるロックの認証パスワードの登録をします。

さらには、特定のユーザーに対し、パスワードの入力なくエントリーの許可を与える設定も行うことが出来ます。

一般的にプラグインの設定画面ではローマ字で表示されていることが多いのですが、このプラグインは日本語に変換されています。

説明書きの指示に従い設定を進めていきましょう。

パスワード保護状況
サイト全体のパスワードを有効化・無効化する項目。
レ点チェックで有効化し、レ点を外すことで無効化となります。

許可する権限
パスワードを求めずにサイトに入る事を許可するユーザーの選択を行います。
WEBページの管理者や一度ログインした事のある読者などに対してはロックをかけないという設定が行えます。

新しいパスワード
ローマ字や数字を組み合わせ、任意でパスワードの設定が行えます。

許可するIPアドレス

これらの設定が済んだら「保存」をクリックを忘れずにに行い適用させましょう。

今回は、Password Protectedの設定方法について解説をしました。